スポンサーリンク

ジャンクフードは運気を下げる!バランスのいい食事で開運につなげていこう【スピリチュアル】

開運するためのコツ

開運のためにいい行動として「神社に行く」「できるだけ笑顔を心掛ける」「皆に新設にする」などがさまざまな対処方法があるといえます。

中でも、「ジャンクフードを食べることを控える」といった方法は、比較的手軽にできる運気を上げる方法といえ、意識して取り入れることをおすすめします。

ここでは「このジャンフードを食べると運気が低下しやすい原因」についてスピリチュアル的な観点から解説していきます。

スポンサーリンク

ジャンクフードを常習的に食べていると運気が下がる理由【スピリチュアル】

結論からいいますと、毎日のようにジャンクフードを食べている場合、運気を停滞しやすいといえます。

そしてスピリチュアル的にこのジャンクフードが運気を下げる原因としては「劣化した食材(油など)を使っているケースが多いこと」「ジャンクフードを作製している場所の波動自体が低い割合が高いこと」が挙げられます。

もちろん「勝負ごとの前」「なんか運気を変化させた」ときに、あなたが好きなジャンクフ―ドを一時的に食べることは運気を下げるどころか、気持ちを上げ運気を上昇させるといえます。ここでは、あくまで慢性的にジャンクフ―ドを食べ続けると運気が下がりやすいということを記載していますので、そこは誤解のないようにお願いいたします。

話を戻し、継続的にジャンクフードが運気を下げる理由の一つの「古くなった材料を使っているケースがある」についてまず確認していきます。

基本的にどんなものやことでも「新しい状態」とはエネルギー状態が高く、綺麗なエネルギーを持っています。そのため古くなったものを処分して、新しいものに変えることで運気がアップすると言われているわけです。そして口に入れる食品であれば、この負のエネルギーが直接体内に取り込まれるのです。

そのため素材に「エネルギー的に古く、汚れが多い傾向にある物質」を使ったジャンクフードを毎日のように食べると運気は徐々に低下していくのです。

なお、ジャンクフードは基本的に「食べ物の質をより良くする」というよりも「できる限り価格を安くする」という側面が強い経営をしていることが多いです、そのため、毎日ジャンクフードを食べるお客さんの層としても「おいしい食べものを食べてみたいという幸せな気持ち」よりも「とにかくお金を使いたくない」といったネガティブな理由で来ている方が増える傾向となります。

すると、人のこのような思いは波動(エネルギー)として放出されることになるので、その場に負の気が残りやすくなるわけです。結果としてその場に残ったマイナスのエネルギーが、新しく来た人に移ったり、ジャンクフードに自体に移ったりし、運気を下げやすくなるのです。

なお、にわとりと卵の話ではないですが「ジャンクフードを食べ続けることで運気を下がる」だけではなく「エネルギーレベルが下がっているとジャンクフードを食べたい」というような状況となる傾向にあります。

そのため、ジャンクフードを食べ続けると運気が下がり、運勢が下がるとさらにジャンフードを欲するというような負のスパイラルに陥りがちです。

これらが「持続的にジャンクフ―ドを食べる」と運勢が下がる理由といえます。

また一時的にジャンクフードを食べる人の場合「たまに食べることで純粋にその味を楽しみたい」「普段とは別の行動をすることで気分をリフレッシュさせたい」といった気持が強いことが多いです。そのため、一時的にジャンクフードを食べるケースでは、プラスの効果の方がより得られるために運気アップにつながるといえます。

よって何事もバランスを大切にすることといいといえます。

まとめ

ここでは、ジャンクフードを継続的に食べることで開運できにくくなる理由について解説しました。

ジャンクフードをずっと食べ続けている場合、「劣化した食材(油など)のマイナスのエネルギーの影響」「ジャンクフードを扱っている場所の負の気の影響」により、運勢を低下させやすいです。

ただ一時的に食べて、楽しんだり、気分を変えたりするケースでは、逆に運気を上げることができることも理解しておくといいです。

さまざまな運気を上げる方法を行うことによって、あなたの人生をより良いものに変化させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました