スポンサーリンク

足の痛み、足の怪我などの足の不調のスピリチュアル的な意味【ふくらはぎや足の捻挫】

私たちが病気になる原因としては現実的な面だけではなく、スピリチュアル(目に見えない世界)の影響もかなり受けています。

そしてこの病気は、私たちに「何かしらの気づきを与えてくれる神さまからのメッセージ」といえ、適切な対処をすることによって「より人生を楽しむことができる」ようになるといえます。

なお、病気がでる部位によってそのメッセージの意味も異なり、ここでは足に関する病気やトラブルのスピリチュアル的な意味と対処方法について確認していきます。

スポンサーリンク

足の病気や足の怪我などととスピリチュアル【足の不調】

先にも述べたように私たちの体の部位と病気になることは、スピリチュアル的に明確な関係性があるといえます。

そして、足は大地を踏みしめることからもわかるように、「安定性、基礎、現実」などの象徴であるともいえます。

つまり、足まわりはスピリチュアル的な観点からは「グラウンディング(地に足つけて現実的に生きる)」との関係性が強いわけです。

よって、足が痛む、足を捻挫するなどの足の不調は基本的に「グラウンディングが上手にできていない」ことを暗示しているケースが多いです。

具体的には、

・スピリチュアル的な思考だけをいいものとして、現実面が疎かになっている

・物質世界(現実)の象徴であるお金やものへの扱いが乱暴になっている(お金を散財している)

・仕事や生き方などの基礎をおろそかにしたり、継続力が弱まりがち

であることへの注意のサインとして、足の不調が発生しているわけです。

そして、私たちのは「なにかを見る、確認する」という機能があるため、この目にトラブルが起きることは何かしたらの見方に問題があることが多いです。
例えば「見るべき問題を見ないようにしている」「自分や相手に対する見方に問題がある」などが挙げられます。

そのため、捻挫なとの足の怪我や病気が起きた場合、スピリチュアルな観点からは上述のようなグラウンディングのマイナス面への対処を適切に行うことで治りやすくなるといえます。

捻挫などの足の怪我や足の病気をスピリチュアル的に治療する方法

このようにスピリチュアル的な視点からの足の痛みの発生の原因は複数あげられ、各々への対処を適切に行うとよく、以下で詳細を確認していきます。

現実的な思考も大切であることを認識する

目に見えない世界を学んでいる人に多いといえますが、スピリチュアル的な考えの方が現実的な考えよりも優れていると考えていることがあります。

すると、目に見えない世界にあまり興味がない方に対して、「神さまからのメッセージが〜だから、そのように行動してはいけない」などというようかことがあるわけです。

相手からすると「この人は何を言ってるんだ?」となり、不信感を抱かれることが多くなり、現実での人間関係を崩す傾向にあります。
結果として足の不調といった形で、これを知らせてくれることがあるのです。
このような場面では、「相手の価値観や感性、レベルに応じた話し方をする」のがやはり大事といえます。
つまりは、現実的にいきることも大事にすると「意識し行動する」ことで、根本的な足の病気を治しやすくなるのです。

お金や物を大切にする

なお、先にも述べたようにお金やものなどを乱暴に扱っているケースでは、捻挫などの足の怪我をしたり、ふくらはぎに痛みを抱えたりします。

そのため、お金や物を大事にするようにしましょう。

例えば、

・衝動買いしてお金を大量に浪費することをやめる

・お金の象徴ともいえるお財布を新しいものにしたり、汚れをとったりする。お金自体もポケットにぐしゃぐしゃにいれずに、長財布に綺麗にかつ方向を揃えていれる。

・バッグなどの汚れているものを使用しているのであれば、新しいものにする。中身のできるだけ綺麗にする

ようにするといいです。

仕事を始めとして土台作り、継続を意識する

他にも、足元の不調は、仕事、生活面全般の基盤が弱いことを暗示している可能性もあります。

これが該当すると感じる方は、初心に戻って再度基礎固めをしたり、それを継続することを意識するといいです。

例えば、業務に対して慣れに伴い適当に流すくせがついているような場合には、一生懸命、かつより楽しんで業務に取り組めるよう工夫をするなどを行ってみるのがおすすめです。

そして、このような基礎固めを継続して出来る基礎体力をつけていくと、足の痛みなどの不調が改善する可能性が高くなるのです。

スピリチュアルの観点からの足の治療だけでなく、現実的な足の痛みへの対策も取るべき

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました