スポンサーリンク

大雨や集中豪雨や台風などの水害(災害)とスピリチュアル的には浄化を表す【台風などの霊的な意味】

スピリチュアルの知識

私たちの世界に起こる現象・もの・人などは、現実的な影響だけでなく、目に見えない(スピリチュアル)の影響も必ず受けています。

たとえば、近年では徐々に増えつつある集中豪雨や台風、大雨などの自然災害ですが、これらの現象にはどのようなスピリチュアル的な意味があるのか理解していますか。

ここでは「大雨、集中豪雨、台風などの水害のスピリチュアルな意味は何か?」「水を飲むことは邪気払いにつながるのか」「水をよく飲む人(水を欲する人)や水分不足のスピリチュアル的な意味は」について解説していきます。

スポンサーリンク

大雨、集中豪雨、台風などの水害(災害)のスピリチュアル的(霊的)な意味

結論からいいますと、大雨、集中豪雨、台風などの大きな自然災害が発生する理由は「浄化」のためです。

これはスピリチュアル的に「水」とは「女性・浄化・癒し」などの象徴であり、この水の浄化のパワーを凝縮したようなものがこれらの水害(自然災害)に当たるためです。

そして、一言で「浄化」といってもその意味は幅広く、

・水害が起こる地域に人の邪気が溜まり、そのマイナスのエネルギーを取り除く必要があるための浄化

・次元上昇(アセンション)を促すための大きなきっかけとして起こる、古い価値観を書き換えるために起こる浄化

などのために、これらの大雨、集中豪雨、台風等が発生するわけです。

具体的には、ある特定の地域にこれらの水害が起こる理由としては、

・実際にその場所にマイナスの気を持った人が集中しているため
・その場所を筆頭に今後アセンションが進むのを宇宙が後押ししているから

などのネガティブな理由とポジティブな理由が考えられます。

特に、先のネガティブな理由ではなく、後述のようなポジティブな理由の方がほとんどなのでは?と私自身は感じています。

台風や集中豪雨、大雨などの自然災害が起きた時にスピリチュアル的にはどう対処すべきか【水浸しになる等】

なお、実際に台風や集中豪雨、洪水などによって、大きな被害を受けた人・地域は存在するでしょう。そのような地域や方たちには、一刻も早く復興し、その傷が癒えることを祈っております。

その上でやはりその地域の方たちだけでなく、そうでない方も含めて、次元上昇のための古い価値観や思い込みを意識的に変化させていくのが大切なのかなと思います。

例えば、首都圏に集中豪雨、台風、洪水などの水害が発生した場合は、かなりの確率で交通手段がストップすることが多いですよね。

一時的な被害であればまだしも、それが1週間などと回復できないような状況になっていたとしましょう(架空の事例です)。そうなったら、経済的、社会的にかなりのダメージを受けるのが容易にわかると思います。

となると、

・そもそも人口が首都圏に集中しているべきという常識がおかしいのではないか
・そもそも人が集まりすぎたために、邪気が溜まりすぎたのではないか
・もっと根本的な自然災害の被害を軽減できる方法自体が存在するのではないか

などの根本的な発想を見直す必要が出てくるわけです。

これは架空の例のため、実際にどうこうは言えないですが、このような私たちの手ではどうしようもないレベルの災害が起こるケースでは、あらゆる観点から今までの固定観念を壊して新しいものを取りこんでいくことが重要となるのです。

そのためこのような水害などが発生した際には、あなた自身が感じる古い考えを捨て、新しいものを取りこんでいきましょう。

すると、あなただけでなく、地域全体、日本全体、世界全体の良い方向へのアセンション(次元上昇)が徐々に進んでいくのだと思います。

 

コメント

  1. […] こちらの大雨や集中豪雨や台風のスピリチュアル的な意味でも記載していますが、基本的に自然のエネルギーによって起こる現象は、上述のような理由から起こるべくして起こっているものなのです。 […]

タイトルとURLをコピーしました