スポンサーリンク

暑い・寒いばかりいう人(口に出す人)は運気的に損!暑い寒いという人にうるさいと感じる原因と対処方法は?【旦那など】

人間関係の悩み

夏などの気温が高い時期には「暑い」と感じる人が多く、冬などの気温が低い時期には「寒い」と思う人が多いです。

これは人の体の仕組みとしてごく普通のことですが、これに対して「暑い暑い」「今日も寒い!」などと口にする人としない人に2極化している傾向にあります。

ただこの暑い、寒いばかり言うことはスピリチュアル的に損であり、なるべくであれば言わない方がいいです。

ここでは「暑い・寒いと口に出すことが運気的にもったいない理由」「逆に熱い・寒いという人にうるさいと感じる場合の原因と対処方法」について解説していきます。

スポンサーリンク

暑い寒いばかりいう人がスピリチュアル的に損な理由【暑い・寒いと口に出す】

上述の通り、暑い寒いと頻繁に口に出すことは運気の低下につながります。

暑い寒いばかり言う人が運気を下げやすいのは「暑い、寒い」と口にするとき

・暑くて嫌だな
・寒くてしんどい

などネガティブな意味あいがこもっているためです。

思ってるだけならまだしも、言葉として口に出すことによってそのマイナスのエネルギーを外に強く放出していることになります。

「出したものが帰ってくる」というシンプルな宇宙の法則により、あなたが出したネガティブなエネルギーに応じた「ネガティブな現象」が現実化しやすくなるわけです。

またマイナスの気持ちがそれほど入っていなくても、言霊自身にも力(日本語そのものに力がある)があるため、悪い言葉を使うとネガティブなことが引き寄せられやすくます。

いずれにせよ運気が下がりやすくなるので「暑い寒いと頻繁に口に出すこと」は避けたほうがいいですね。

もちろん、少しくらい言ってしまうのは人間であるため仕方ないことなので、それほど気にする必要はないです。あまりにも言い過ぎるとやはりもったいないわけです。

暑い・寒いという人にうるさいと感じる状況になる原因と対処方法【旦那など】

一方で自分自身は「暑い寒いと口に出さない」ものの、周囲に「暑い寒いばかりいう人が多く」うるさいと感じる機会が多いと悩む人がいます。

ただ宇宙の法則から捉えた場合、基本的にあなたの周囲にいる人・もの・環境などは今のあなたにピッタリ(最も相応しい)の状態になっています。言い換えると、あなたが「暑い寒いばかりいう人ばかりでうるさいと感じる」状態はあなたの意識が引き寄せた結果なのです。

どのようなネガティブな現象をとっても当てはまるのですが、あなたが以前にマイナスのエネルギーを投げかけたものが現実となっているといえます。

上のよう周囲に「暑い寒いと頻繁に口に出す人が多い」場合は、あなたが「暑い寒いばかり口に出すことは正しくないこと」で「それを言わない私が正しい」と裁こうとしている気持ちが引き寄せた結果ともいえます。

つまり「暑い寒いなどと口に出す悪い人は私が注意しないといけない」という潜在意識があるため、それが現実化しているケースもあるでしょう。

暑い・寒いという人にうるさいと感じる状況になる時の対処方法

そのため、このようなことにストレスを感じる場合のスピリチュアル的な対処方法としては、「あなた自身が暑い寒いという人=正しくない人」という気持ちを手放すのがおすすめです。

この世には絶対的な正解は存在しないため、実際のところどちらが正しい・正しくないと決められないわけです(上述のようネガティブなエネルギーを放出すればそれに応じたネガティブな現象が返ってくるという宇宙の法則の意味であり、正しさとは関係ありません)。

具体的には、

・暑い寒いと口に出すことは正しくない、それを言わない自分が正しいと捉えていた自分を認める
・自分も暑い寒いと口に出してみて「暑い寒いばかりいう人」への抵抗を無くす
・「絶対的な正解はなく、暑い寒いと口に出そうが出すまいがどっちでもOK。人それぞれ好きにしよう」と繰り返しつぶやく

などの対処方法がおすすめです。

きっと徐々に気にならなくなり、あなた自身もより快適に過ごせるようになることでしょう。

まとめ 暑い寒いという人にうるさい(旦那など)と感じる原因とスピリチュアル的な対処方法は?

ここでは「暑い・寒いと口に出すことが運気的にもったいない理由」「逆に熱い・寒いという人にうるさいと感じる場合の原因と対処方法」について解説しました。

・暑い寒いと頻繁に言うのは運気的には損!
・暑いばかりいう人が周りに多くうるさいと感じるのは、今のあなたの波動がそのような人たちを引き寄せているため。あなたの正しさを手放すと解決しやすくなる

といえます。

日常生活のちょっとしたことにもスピリチュアル的な視点から捉え、対応策を考え、あなたの人生をさらに楽しい・快適なものにしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました