スポンサーリンク

占いをくだらない、インチキで終わらすのはもったいない【電話占い】

電話占いの基礎知識・有効に活用する方法

占いやスピリチュアルに対する捉え方として、大きく分けて肯定派と否定派に分かれます。

中でも、占いに対する否定派の方々は、基本的に占いのことを「くだらない」「インチキ」などと考えがちです。

ただ、私自身も以前は知りもせずに否定派だったのですが、占いのルーツや詳しく占いやスピリチュアルを学ぶようになり、今では肯定派に変わっています。

そして、現在の私の考えとしては「占いをインチキ、くだらない」と完全に否定するのではなく「占いを活用する」ことで、人生がより楽しいものになると、私は私自身の経験を通して自信を持っていえます。

ここではこの「占いをくだらない、インチキと完全に否定するのはもったいない理由」について確認していきます。

スポンサーリンク

「占い」をくだらない、インチキと否定するのはもったいない理由

まず占いは大きく分けて、

・ある何かしらの基準を元に統計的に分類することで診断する占い
・あなたのひらめきを生かして行う占い

に大別されます。

前者が西洋占星術、数秘術、手相占いなどに相当します。たとえば、数秘術(カバラ数秘)であれば、あなたの誕生日を足し合わせることによって、その特徴、性格、人生の方向性などを「分類」することができます。そして、これらの占いは大まかには統計学がベースとなっています。

他も分類方法は異なるものの、ある傾向を統計的にまとめたものといえるのです。現代におけるな統計的なデータ解析によって導出されたものではないにしろ、「その分類方法と生き方を照らし合わせるとおおよその流れが一致していること」から、占いはざっくりとした統計学の一種(後に解説するような天気予報のイメージと似ている)といえるわけです。

そして、これらの占いは基本的に「中長期的なスパンで考える際の占い」といえます。

一方で後者の占いはタロットカード・おみくじなどが相当し、「あなた自身の閃きを活かして選ぶ」ことで占う手法に大別できます。こちらは時系列としては、短期的に今どうすべきかを判断する際の占いといえるのです。

この時「タロット、おみくじなどの自分の閃きを活かす占い」と聞くと、スピリチュアル、占いに対して否定派の人であれば「自分でそのカードやおみくじを必然的に引いている」という理解を腑に落とすことは難しいかもしれません。

以下のようなものです。

ただ、前者の手相や数秘などの占いはあくまで統計な分類方法(データからの相関を大まかに捉える方法)といえるため、このルーツを知れば「占いをくだらない、インチキ」ではないかもしれないと、少しは思ってくれるかもしれません。

つまりこのタイプの占いによる統計的な分類を行い、あなたの性格や生きる方向性を知っておくことで、それに応じた「より生きやすい生き方」がわかるようになるわけです。

例えば、「ある切り口でタイプAの人は、人とのコミュニケーションは苦手だが、その分一人で淡々とやりきる力や分析、解析能力が高い」という分類結果(占い結果)になったとします。

このタイプの人は仕事面では「どちらかというと皆とワイワイやる仕事ではなく、研究などの黙々とやる方がより幸せに生きられる」というように、占いによって「幸せ度を感じやすい生き方」を提案することができるのです。

つまり、占いを上手に活用するとあなたがより幸せに生きられる大まかな方向性がわかるといえます。

そのため、「占いはくだらない」「占いはインチキだ」などと、そのルーツを知らずにただ批判するのはもったいないなと個人的に思います。

占いをインチキと感じる人は現実における天気予報との対応を考えるといい

そして、占いに対するイメージは現実世界における天気予報のようなものと考えておくといいです。

私たちは日常生活において、天気予報をみますよね。これを見ることによって、降水確率が高いと予想できていれば「傘を持っていく」という行動を起こすわけです。

以下のようなものです。

https://www.jma.go.jp/jp/yoho/206.htmlより一部引用

このとき、天気予報で降水確率が高いといっていても雨が降らないこともあるわけです。だからといって天気予報にて「雨が降る確率が高い」とわかっていながらも傘を持っていかないと、雨に濡れ、ストレスを抱えやすくなるものです。

同様に、占いを全く信じていないのは、天気予報を完全に見ないのと同義であり、降水確率90パーセントの時にもそのことを知らずに、無防備で出かけるのと近いわけです。よって、私は占いをくだらない、インチキと捉えるのではなく、上手に活用するのがいいといえます。

もちろん、盲目的に占いを信じる、つまり「言われたことを全て鵜呑みにして自分のあたまで考えないこと」もおすすめできません。これは、上述の例における「天気予報を100パーセントあたる」と信じることに相当するわけで、おかしいことがわかるでしょう。

つまり、占いはあくまであなた自身がより幸せになるためのツールといえ、その指針を上手に活用していくのが大切と思います。

なお、電話占いなどの占いをインチキと思っている方は、「タロットなどのよりスピリチュアル的な要素が強い占い」よりは、まず上にて解説したような「統計ベースの要素が強い占い」から入るといいです。

占いをインチキ、くだらないで片付けずに上手に活用することで、より楽しい、幸せな人生を送っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました