スポンサーリンク

【電話占い】人と話すのが辛い 、人と話すのが苦痛になったと感じる場合の対処法【めんどくさい】

疲れていたり、気分が落ち込んでいたりする際には「人と話すのが辛い」「人と話すのが苦痛になった」と感じることもあるでしょう。

誰しもある程度の期間が過ぎれば、この「人と話すのがめんどくさい」状態から自然と抜け出せるものですが、調子を崩すと「人といるのが苦痛」という状況をに長く陥ったままとなるケースもあります。

ただ、この人と話すのがしんどいときに適切な対処方法を行えば、より短い期間で元気な状態に変化させることができ、以下で「人と話すのがストレスに感じる場合の対策」について解説していきます。

スポンサーリンク

人と話すのがしんどくなる原因【人と話すのが辛い】

人と話すのが苦痛になったと感じる理由には複数の要因が絡まって起こることが多く、以下で詳細を確認していきます。

あなたの許容範囲を超えて人と会いすぎている

まず、人と話すのがめんどくさい状態に陥っている場合の原因の1つとして、あなたのコミュニケーション能力を超えた状態で人と会い、話しすぎていることが挙げられます。

つまり、あなたの許容範囲を超えてしまっているため「人と話すのが苦痛だ」「人と会うのが限界」といった状況に陥るわけです。

特に、職場や学校などのコミュニティでは、基本的に同じ空間で働き毎日顔を合わせて、コミュニケーションを図るのが基本です。

そのため、どうしてもそこでの制限があると人との会いすぎになることがあり、「人と会うのが苦痛になった」状況になってしまうわけです。

合わない人と無理して付き合っている

また、単純に人と接触し過ぎといった頻度の問題だけでなく、苦手な人と話す機会が多いと人と会うのがストレスと感じやすくなります。

やはり人間誰しも相性があるため、一緒にいて「なんとなく居心地が悪い」人はいるものです。

これは直感的にすぐわかるものといえますが「みんなと仲良くしないといけない」という気持ちが強い人の場合、必要以上に苦手な人とも関わろうとしてしまうわけです。
結果として、人間関係に疲弊して、誰とも会いたくない状況に陥る可能性が高くなるのです。

あなた自身の運気的に一人になるべき時期

また、どのような方でも運気の波が存在し、ポジティブな現象が起こりやすい時もあれば、逆にネガティブな現象も発生しやすい時期もあるわけです。

このような人生における運気の波がある中でも「1人になるべき時期」「ペースダウンを優先すべき時期」は存在するのです。

これは、西洋占星術、数秘術、タロット、霊視などどのような占いであっても、「多くの人と関わるよりも自分1人になり、リラックスしたり、自分磨きをしたりを優先すべきタイミング」はあります。

このような運気の流れに入っている際には、「人と会うのがめんどくさい」「人と話すのが辛い」などの感情を抱きやすくなるわけです。

人と話すのがめんどくさい状態の対応策

このようにさまざまな原因によって人と話すのが苦痛となることがありますが、適切な対応をとれば、「人と会うのがほとんど気にならない」「人と話すストレスが軽減される」といえ、以下で詳細を確認していきます。

人と話すのが辛いという感情が悪いことではないことを理解する

まず、「人と話すのが苦痛になった」と感じている方の場合、人と会うのがストレスという状態を「良くないこと」と捉えていることがあります。

ただ、スピリチュアル的にみてそもそと良い悪いという考え方はなく、あくまで私たちが今までの常識を元にそれから外れたことを「良くないこと」と捉えているだけなのです。
つまり、人と会うのが辛いと思っていても全く問題ありません。
この世に生まれてきた目的としては、「体験や感情を味わう」ことであり、嫌だという感情を感じるのもとても大切な感情なのです。

そのため、まずは「人と会うのが辛い」と感じても全く問題ないことを理解しましょう。

この宇宙の法則を理解できるだけでも、かなり楽になるといえます。

無理に人と関わらず、1人の時間を満喫するといい

このように人と話すのが苦痛な状態にあなたがOKを出せると「人と会いたくない、話したくない時に1人でいてもいい」と自然と思えるようになります。

そのため、1人になりたいときに実際に無理して多くの人とか関わったり、ましてや嫌な人と一緒にいたりすることはしなくていいわけです。そして、あなたができることとしては、「積極的に1人の時間を作る」ことをしましょう。

このとき、あなたの本心、直感に従うことが大切です。

例えば、

、会社を休んで1人になりたい
、人混みに出かけたくない
、誰とも話したくない

のであれば、その通りにするべきです。

このとき、「会社は忙しいし、休んだら自分の立場がなくなってしまうから絶対休めない」といった価値観に縛られている方こそこれを実践するといいです。
「会社を休んで1人になるのはいけないこと」「誰とも話さないのはダメなこと」という私たちが良い悪あと判断している価値観を手放せるチャンスとも言えるためです。
何度もお伝えしていますが、スピリチュアル的にngという概念は存在しません。

かつ、実際にこのような行動を起こすことによって、一時的に不安な気持ちになったとしても、長い目でみれば確実にあなたの自由度や幸せ度は高まります。そして、現実的な金銭面の問題(今の会社にいかないと稼げないという誤解等)とより改善され、大きな収入を得るためのきっかけになる可能性が上がるのです。

よって、人と会うのがしんどいケースでは、無理に関わらずに1人になるようにしましょう。

なお、この時1人でリラックスする時間ももちろん大事ですが、ただずっとぼーっとしているのではなく、あなたがしてみたいこと、高めたいことをするといいです。

例えば、

、好きなジャンルの読書をする
、筋トレ、ヨガ等の自分磨きをする
、神社、美術館、温泉等のより浄化、開運が進むことを行う

などがおすすめです。

このように、1人の時間を満喫、味わい尽くしていると「自然と誰かと会って話したい」と思える状況が出てくるわけです。

そのため、本心の部分で「人と会うのが苦痛」の状態から変化するまでは、1人の時間を積極的に過ごすようにしましょう。

運気の波があることを理解し占い師、スピリチュアルカウンセラーの方に相談する

また、個人的にできる「人と会うのがめんどくさい、しんどい」時の対処は上述の通りですが、第三者に相談するのもおすすめです。

なお、先にも述べたように誰しも運気の波があるわけですが、その運気のサイクルを判断できる占い師、スピリチュアルカウンセラーに話すといいです。

占い鑑定では、1人になるべき時期が判断できることがほとんどであり、もしあなたがこの波に入ってあるために「人と会うのがしんどい気持ちになっている」ことの確認ができることがあります。
すると、単純にあなた自身が安心できたり、積極的に1人になりたいという本心に従いやすくなるわけです。

また、1人になるべき時期でないと占い鑑定がされたのであれば、「人と関わるのが苦痛」の状態に入っているのは一時的なものと判断できるのです。

よって、先にも述べた個人でできる人と話すがめんどくさいときの対処を行うことで、比較的容易にこの状況から抜け出せやすいといえます。

また、電話占いサイト等に在籍の人気の占い師の方であれば、波動(エネルギー状態)が高くかつカウンセラーとしてもかなりレベルが高い方が多いです。

そのため、電話占いでの占い鑑定に加えて話すだけでも、十分にあなたのエネルギー状態、精神状態を安定化することができるわけです。

なお、人気の電話占いサイトであれば新規登録に伴う無料枠があることがほとんどであるとめ、まずは無料範囲にて相談してみるといいです。

このとき、電話占いでは依存につながりやすい等のデメリットもあるので、これらのリスクがあることも認識した上で「無料だし一度電話占いをやってみたい」と感じた人は行動に移しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました