スポンサーリンク

許せない人を忘れたい場合の対処方法は?許せない人は許さなくていい?【スピリチュアル】

人間誰しも生きている限り「どうしても許せない人や許せないこと」に遭遇してしまうものです。これは職場・家族・学校・友人などさまざまな関係において起こるといえます。

ただ、どのようなつながりであるにしろ「許せない状態」が続いていると怒りや苦しいといった感情を抱えてしまうものです。よって、許せない状況が続くとあなた自身がつらくなります。

このとき適切な「許せない人がいるときの対処方法」を身につけておくと、より毎日を楽しく、幸せに過ごせるようになるわけです。

そのため、許せない人、ことができたときの対応策を身につけておくとよく、ここでは、この「許せない人を忘れたい場合の対策」について解説していきます。

スポンサーリンク

許せないと苦しいのは自分自身【怒りも出る】

まずは、人を許せないと1番つらいのは自分自身であることを理解しておくといいです。

これは、人を許せない状態が続くとあなたが「他人を許せない自分自身」に対して罪悪感を抱え、ネガティブな気持ちになりやすくなるからです。

例えば、人を許せない結果として

・苦しい
怒りがこみ上げる
・悲しい
・つらい

などの感情が沸き上がるわけです。

この許せないことや人がいると「なんかつらい」「なんかモヤモヤする」感じがするのは、誰しもが直感的に理解できることいえるでしょう。

具体的には「あなたが人を許せない」ということは、「何かしらの不満やネガティブな気持ち(エネルギー)を放ち続けている」ことになります。
すると、出したものが大きくなって返ってくるという宇宙の法則によって、単純に自分で出した分の邪気を受け取っている流れとなるのです。
結果として、運気が下がり、現実的にもネガティブな現象として上述のようなことが起こるといえます。

どうしても許せない人がいるときは許さないのもあり【許せない人がいてもいい】

とはいうものの、本当に許せないと思っている状態で、相手をさらっと許すことは本当に難しいことですよね。

どんな人でもどうしても許せない人がいたもしくはいる時期を必ず経験していると思いますが、「多くの人は簡単に許せなくて困っている」ような状況に陥っているわけです。

このとき無理に「相手を許さないといけないんだ」となるのではなく、まず「どうしても相手を許せない自分がいること」を認めるといいです。

続いて「許せないこと」で湧き上がってくる苦しさ、怒りなどのネガティブな感情を味わいきることが大切です。

単純に負の感情が湧き出るときの嫌な気持ちを全部認めて、感じきってみるのです。

このとき、人によって完全にマイナスの感情が昇華されるまでには、かなり長期にわたる人もいますが、上述の内容を続けてさえいれば、マイナスの気持ちを味わいきれる時は必ずきます。

人を許せないのは、自分自身に癒せていない部分、手放せていなしい価値観があるから

このように負の感情を感じきり、少し余裕がでてきましたら、次のステップに進むといいです。

具体的には、相手を許せない原因は相手にあるのではなく、あなた自身の中にあることを理解しましょう。

根本的に許せな人や許せないことは、あなた自身の中の「正しさ」「〜ねばならない」という価値観によって生まれます。具体的には、あなた自身の常識・当たり前と思っていることと違う行動を相手がとると「相手がおかしい」と判断してしまうわけです。

例えば「職場等で仕事を頑張っていることが良いこと」「仕事は本気で頑張らないといけない」という価値観を持つ人からすると、仕事をあまり頑張らずにお金をもらっている人を許せなくなるわけです。

「なんで私の方が頑張ってるのに、給料が同じなんだ」などと文句が出てしまうものです。

他にも「職場では残業をしなければならない」「残業をするのが当然」という正しさを持つ方であれば、定時でささっと帰る人のことを許せなくなりやすいです。

ただ、宇宙のルールでは「〜しないといけない、しなければならないこと」はありません。

上述のようなケースでは、仕事を頑張らないけど上機嫌でいれる人と、「そのような相手を許せない」と不機嫌な状態になり続けてある人では、前者の方が幸せ度は上がりやすいです。
後者では、仕事をこなしみんなの役に立つという社会貢献の度合い以上の、ネガティブなエネルギーを出してしまっているケースがほとんどだからです。

特に2000年代を超えた今では、この流れが加速しており、今までの男性社会的なルールが正しいと考えている人にとっては、よりしんどくなる時代となっています。

少し話がそれてしましましたが、結局は「あなたの中の常識・正しいという価値観が無くなっていく」ほど、相手を許せるようになるわけです。

先の例であれば、「仕事は頑張らないといけないという価値観を手放せたのであれば、頑張らない相手を許すことができ、あなたも相手も幸せ度は上昇します。

さらに「仕事は残業をしなければならない」という価値観を取り除ければ、定時ですぐに帰る人もまったく気にならなくなるわけです。

結局は「みんな違ってみんないい」という寛容な心を維持していけば、みんなが幸せに過ごせるようになるものです。

なお、このような価値観・常識を持ってしまう原因としては、あなたの過去の体験や思考
がベースになっていることがほとんどです。

つまり、過去に「仕事で手を抜いていたら上司からかなり叱られた。嫌がらせを受けた」
などのトラウマがあると、「仕事時間中はずっと働いていないといけない」というような価値観を持ってしまいます。

よって、このような自分自身のいえていない傷、トラウマを許したり、価値感・常識を手放すことができることが、結局のところ相手を許すことに自然とつながっていくわけなのです。

あなた自身を許し、人を許せるようになるための具体的な方法【許せない人を忘れたい】

このように、自分の根本にある癒されていない部分を癒すだけで、他人を許せるようになります。
以下で、この自分自身の癒されていない傷を取り除く方法の詳細を確認していきます。

許せないと感じたことをヒントにあなたの癒せていない傷を特定する

あなた自身の無意識のトラウマを解消していくためには、まず「その癒えていない傷が何なのか」を明確にするといいです。

そして、その癒せていない傷とは基本的にあなたが「許せない」と感じたことの裏に隠されている場合が多いです。

例えば、先にも述べたような価値観の問題でもそうですが、他にも「容姿に関すること」「お金に関係すること」などどのようなことでも当てはまります。

もしあなたの体型が太めであり、それを気にしているとします。すると他人から「太っているね」と冗談で言われたとしても「許せない」レベルに不快な気持ちになりやすいわけです。
これは、あなたがこの「太っていること」をコンプレックスに思っているために、許せない気持ちが湧き上がるわけです。
全く気にしていない人に対して同じことを言ったとしても、「さらっと流されて終わり」になることが容易にわかるでしょう。

このように、許せないことの裏に「あなたの癒されていないポイント」が隠れていることがほとんどなのです。

癒されていない傷を癒す【現実面でのコンプレックスの解消やアファーメーション】

続いて、あなたの癒されていない部分がわかりましたら、その深い部分にあるネガティブな感情を感じきるといいです。

上の例であれば、「太っていることでいじめられた」「差別を受けた」などのマイナスの体験があれば、それをきちんと見つめるのです。その上で、出てくる「強いネガティブな感情」「モヤモヤする気持ち」をしっかりと味わいましょう。

そして、この過去の自分に対して「良く頑張った」「偉かったね」「辛かったね」と労いの言葉をかけるといいです。

このとき、時間のかかり方は人それぞれですが必ず感じ切れて、その根本の悩みが徐々に気にならなくなっていくのです。

このようなワークをあなたが許せない人、許せないことが出てきたタイミングでその都度行っていくのがおすすめです。

繰り返し実践することで、確実にあなたの傷が癒えていく、「許せないこと」が減り、毎日をより楽しく過ごせるように変化していきます。

なお、このようなスピリチュアルな実践だけでなく「容姿を改善する」等の現実面でのアプローチも併せて行うといいです。

これは、単純にあなたがあなた自身の魅力を高めようとするとことは「より人生を充実したもの」「輝いたもの」に変えていけるからです。

こちらのおしゃれをすると運気が上がるでも書いていますが、例えば外見を改善していく等のチャレンジも開運につながるのは間違いありません。

そのため、マインドだけの改善をするのではなく、現実面での対応も行うことで、あなた自身を許していきましょう。

また、根本的な自己肯定感を上げていくにはアファーメーションも有効的ですので、併せて確認してみてください。

電話占い等で信頼できる占い師、スピリチュアルカウンセラーに相談する

なお、自分自身での「他人が許せない」ことへの対策を行ったとしても、上手く改善できないこともあるでしょう。

このような場合は他人に頼るのも1つの手です。

例えば、あなたが信頼できる占い師やスピリチュアルに詳しい人がいるのであれば、その方に相談するのもおすすめです。

これは、占い等を通した鑑定、アドバイスをもらえると、「自分で解決しようと悩んでいたにも関わらずあまりモヤモヤが解消しなかった」ことが、いとも簡単に気にならななくなる場合も多いためです。

なお、プロの占い師の方に対面で占ってもらうことに不安、抵抗を感じる方であれば、「電話占いにする」という選択肢もあります。

また、家族、友人等の身近な人への相談ではあなたのことを思うがあまり「あまり突っ込んだ本気のアドバイスをもらえない」ことも多いです。

これは、「単純にあなた自身にリスクある選択をして欲しくない」「厳しい指摘をしてあなたとの関係を壊したくない」などの気持ちが働くためです。

そのため、あなたが「許せない人やこと」がありそのことに本気で悩んでいるのであれば、占い師等の第三者に相談するといいです。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました