スポンサーリンク

鏡を落として割れるのは不吉・不幸なの?逆に身がわりであるため幸運?【転機】

よく「鏡を落とすと不吉なことが起こる」「鏡が割れることは縁起が良くない」など鏡の破損にまつわる言い伝えを聞くことがあります。

実際のところ、鏡のような光物が壊れると「何となく怖い」と考えてしまいがちですが、スピリチュアル的に実際のところはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは「鏡を落として割れると良くないことが起こるのか」「割れた鏡の対処方法」について解説していいます。

スポンサーリンク

鏡が割れることは転機のサインで幸運【スピリチュアルな原因】

結論からいいますと、鏡を落とすことなどによって壊してしまうことは不吉なことではありません。

なおよく巷で、鏡が割れたことは「身代わりになることであるため幸運になる」ということも、私自身はあまり実感したことがないです。

基本的に鏡などを落として割れることは

・自分自身の行為や取り組んでいることに対して、浄化をした方がいい
・一時的に休憩をして、客観的に見た方がいい
・本心とは違うことを無理して行っていないか

というメッセージを知らせてくれる合図のようなイメージが強くあります。

というのも、私自身が「何となくこのままずるずるとした関係を続けない方がいいのかも・・・」と思っている出来事がある場合に「鏡を落として割れる」「お皿を落下させ破損する」といった現象が起きやすいと感じているためです。

そしてこの後に、より自分の本心に従って行動を選択すると「より上手くいき」、本心ではあまり乗り気でないことに対して損得勘定で動きそれを行ったケースでは「つまづいてしまう」ことが多い傾向にあるといえます。

つまり、鏡を落として割れる現象は「それがあなたの本心ですか」ということを問いかけてくれる、大切なサインと私は捉えています。そのため、鏡が割れることは重要であり、かつこれをスピリチュアルなメッセージとして感じることができるのであれば「幸運である」ともいえるのです。

割れた鏡は放置・使い続けることはしない【治すのはNG】

このようにして、鏡が割れるケースが多いと感じるわけですが、この割れた鏡は適切な方法で処理するとより開運につながるといえます。

具体的には以下の項目を行うのは避けましょう。

・割れた鏡を放置する
・割れた鏡をそのまま使い続ける
・割れた鏡を治す、そして再度使用する

などがNG行為といえます。

これは鏡だけに言えることではなく、どのようなものであってもいえることですが、「汚れた」「破損した」などの物質は基本的にマイナスの気を引き寄せやすくなります。結果としてあなたの運気を下げがちです。

さらに、鏡はあなた自身の分身の一種ともいえるため、その影響があなた自身に強く影響するといえます。つまり、割れた鏡をずっと持っておくと、そのネガティブなエネルギーがあなたに反映されやすくなるのです。

そのため、上述のような「サインを知らせてくれたことは幸運だ」と感謝の気持ちを伝えて、割れた鏡とは仲良くお別れするのが適切な処理方法といえます。

割れた鏡は塩で浄化した上で仲良くお別れすべき

基本的には、使用していた鏡に対して「ありがとうございました。とても助かりました」と感謝の気持ちを伝えてそのまま捨てていいです。

このとき、割れた鏡に塩を振って、きちんとさまざまな思いを浄化させてから廃棄すると、より運気の上昇につながるとともいえます。

鏡を浄化させることは、結局はあなた自身の分身であるため、あなたの邪気を払いクリア(綺麗)な状態に戻ることができやすくなるのです。つまり、先にも述べた「それがあなたの本当にしたいことなのかどうか」とつながりやすくなるわけです。

結果として、今後の人生がより楽しい、幸せなもの成りやすくなるといえます。

上手に鏡が割れることの転機(幸運)のサインを感じたり、割れた鏡を放置しない、使い続けるのは避け、より運気を上昇させていきましょう。

まとめ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました