スポンサーリンク

祈りの習慣を身につけて運勢をあげよう【祈ることの効果やメリット、スピリチュアルや引き寄せ】

よく「祈る習慣を身につけると、人生を好転させやすくなる」ということを聞きますが、これは「本当にその通りだな」と思います。

というのも、私自身が祈りの習慣を身につけ、かれこれ3年以上が経過し、幸せ度が上がったり、健康が改善したり、経済面での運気がどんどん上がったりしているためです。

そのため、多くの方にこの「お祈りをする」ことを習慣にし運勢の向上に活用していただけたらなと思います。

ここでは「祈ることで得られる効果(メリット)」「祈る習慣を身につけるコツ」について解説していきます。

スポンサーリンク

祈りにより得られる効果やメリット【引き寄せ】

スピリチュアル的にみた場合の祈りとしては、「自分の願望実現を叶えるための祈り」と「自分以外の誰かや環境、神様、宇宙などの改善や発展を願う祈り」に分けられると考えています。

最初の自分の願いごとを実現させるために祈ることはこちらで解説しているアファーメーションと近いニュアンスと思いますので、参考にしてみてください。

ここで解説していく祈りとは、「自分以外の何かしらに対して祈ること」に絞って、その効果やメリットの詳細を以下に記載していきます。

祈ることで優しい、穏やかな気持ちになれる

まず、祈りが習慣になると「みながより幸せになりますように」「もっと宇宙規模での発展が加速されますように」と自分だけでなく、みんなで幸せになっていこうという、なんとも言えない穏やかな気持ちになりやすくなります。

もちろんイライラしてしまうときがなくなることはないですが、祈ることだけでこの気持ちがある程度緩和され、より幸せな気持ちになりやすくなるのは間違いないといえます。

なお、科学的にも人に親切にしたり、自分以外の方のための行動をすると、オキシトシンと呼ばれる幸せホルモンが出ることもわかっています。

つまり、祈るだけでスピリチュアル的にも、科学的にも幸せになりやすくなるといえます。そのため、祈りの習慣がないのはもったいないといえるので、のちに解説する正しい祈り方を習得しておくのがおすすめです。

勝手に運気が良くなる

なお、祈りの習慣がある方では根本的に運勢が上がりやすくなります。

これは先にも述べたように「自分自身が幸せな気持ちを維持しやすくなる」「他の人に祈りのいいエネルギーを送っていることとなるため、自分にもそれに応じたいいエネルギーが巡ってくる」ことから説明できます、ら

つまり、自分自身が幸せで優しい気持ちで入られれば、そのようなポジティブで暖かい波動が出ていくものです。よって、プラスのエネルギーを発していることになるため、宇宙の法則によりそれに応じたいいエネルギーを受け取れるようになるといえます。

また、祈ることはお祈りした人や、環境に対してエネルギーを実際に送っているともいえます。遠隔ヒーリングなどの療法がありますが、これは実際にいいエネルギーを送ってあることで実現できるものなのです。
そしてこの祈りによって、もしあなたが「皆が楽しく、幸せになりますように」と投げかけたのであれば、確実にそのようなエネルギーが放出され、誰かしらに必ず届きます。
すると、先にも述べたように、出したエネルギーは大きくなって帰ってくる法則から、自分自身もより幸せに変化していくものなのです。

ただ後の正しい祈り方の項目でも解説していますが、ネガティブな祈りをすればそのようなエネルギーが帰ってくるので注意するといいです。

夜に祈ることで潜在意識自体にポジティブな働きかけができたり、快眠につながる

また、寝る前の祈りの習慣があると先にも述べたようなリラックスできる効果から、睡眠の質を改善することができます。

なおこちらの寝室の整理整頓が運気の改善につながるでも解説していますが、就寝前に考えたこと、行動したことは「より潜在意識への働きかけが強い」といえます。

つまり、寝る直前に祈ることによって幸せな状態になっているケースでは、「私は幸せだ」ということを深いレベルで認識できるようになるのです。結果として、本当にもっと楽しい気持ちになれるといえます。

朝お祈りをすると決めると、その日1日が充実したり、規則正しい生活を送りやすくなる

なお、朝シャワーは運気を向上させるでも記載しましたが、朝の使い方でその日1日の大まかな調子が決まりやすいです。

例えば、朝12時まで寝てしまうような不規則な生活になっていれば、なんとなく調子が悪い状況になりやすいわけです。

仕事、生活などでのひらめきが生まれる【インスピレーション】

コメント

  1. […] ・大いなる何かに対して祈ること ・「ありがとうございます」などのいい言葉をできる限り唱えること […]

タイトルとURLをコピーしました