スポンサーリンク

スピリチュアルと現実のバランスを上手に取ろう【現実逃避の装具にしない】

開運するためのコツ

目に見えない世界(スピリチュアル)について学ぶことはとても素晴らしく、多くのメリットがあるといえます。

しかしながら、スピリチュアルを知ることでのデメリットも実は多く存在し、その中の1つに「スピリチュアルを現実逃避の道具にしてしまう」というものがあります。この状況に陥ると「より幸せになる」「もっと楽しく生きる」ために学び始めた目に見えない世界のせいで、逆にいきにくくなるケースもあるわけです。

そして、このスピリチュアルの弊害を乗り越える方法の1つとして「現実とのバランスを取る」というものがあり、これについて解説していきます。

スポンサーリンク

スピリチュアルを現実逃避の道具にしない 理想と現実をきちんと見極める

目に見えない世界を学び始めた方の中で、

・私はスピリチュアルを学んでいるから凄い
・相手が自分のことを理解できないのは、魂のレベルが低かったり、スピリチュアルを学んでいなかったりするから

などと、現実面でのトラブルをスピリチュアルに逃げる方が一定数いると感じています。特にスピリチュアルを学び始めたばかりの方によく見られる傾向といえます。

このような状況に陥っていると周囲からは「何かおかしい」と感じられ、結果的に孤立しがちになりやすくなります。この現象はスピリチュアルへの現実逃避といえ、幸せや楽しさを感じにくい状態となりがちです。

そして、このスピリチュアルへの逃げが発生する理由としては「現実面の軽視」「自分自身への特別意識」などが挙げられます。

結局のところ「スピリチュアルだけ(理想だけ)」が凄いことで、「現実、目に見える世界が凄くないこと」と偏った考えに陥りがちなわけです。

スピリチュアルへの逃げになっていないかどうかの判断方法

なお、目に見えない世界に偏り、現実面を軽視していないかどうかは、「現実面でいい現象が起きているかどうか」でおおよその判断をすることができます。

つまり

・より周りの方々と仲良くやれてる
・皆と協力して仕事を達成できた

など、「自分が幸せ、嬉しさを感じられる」ような現象が多く起きていれば、上手にスピリチュアルを活用できているわけです。

もちろん、全ての人には運気の波が存在するため、短期間だけの状況で判断することは難しいですが、長期的な目で見た場合に「なんか幸せだな〜」という気持ちが高まっていれば、スピリチュアルを現実逃避の材料にしていないといえます

スピリチュアルも現実もどっちも大事なんだね

私もスピリチュアルの方を優先しがちだから、バランスをとるよう気をつけよっと

 

スピリチュアルと現実のバランスをとろう

 

結局のところは、スピリチュアルと現実のバランスを取ることが大切ということをお伝えしたいのです。実際のところ、どちらかだけではなく、どっちも大事なわけです

私たちが普通に暮らしていると、現実面での教育が99パーセント程度であるために、スピリチュアルを知った人にとっては「目からウロコな情報が知れた」と嬉しくなることでしょう。この反動から、スピリチュアルをより重視しやすくなっているといえます。

そのため、スピリチュアルと現実のバランスを上手にとるためには、「ちょっと現実的に生きる割合を高くする」のがいいのかなと私は思います。

なお、この現実的にいきる=地に足をつけていきることを、グラウンディングともよび、この詳細については別途ページに記載していますので、参考にしてみてください。

まとめ

ここでは、「スピリチュアルを現実逃避の道具にすることは避け、現実とのバランスを取ろう」ということについて解説しました。

現実面でうまくいかない場合にスピリチュアルを逃げに使ってしまう方がいますが、これは「より幸せに生きる」ために学び始めたスピリチュアル本来の目的と逆行してしまっており、もったいないです。

この現象は、学校や社会での教育として現実的なことだけが教えられ、スピリチュアルは教わらないことも関係して起こっていると思います。具体的には、スピリチュアルを学び始めの方は、斬新な考えを吸収できるため、こちらが正解で、現実的な考えはおかしいと捉えてしまう方が多くなるわけです。

ただ、実のところはスピリチュアルも現実もどちらも大切なのです。このとき、スピリチュアルに偏ってしまう方が多いため、現実面を少し意識して生きる程度の方が丁度いいバランスでいきていくことができるといえます。

上手にバランスをとって、より楽しい生活を送っていきましょうね。

コメント

  1. […] ただ、この時現実とスピリチュアルの世界のバランスが崩れ、「アファーメーションだけをしていればうまくいく」と他力本願になり、逆に行動しなくなる状況は避けるといいです。 […]

タイトルとURLをコピーしました