スポンサーリンク

「友達がいなくて寂しい」その原因や解決策を解説【友達がいなくなった】

社会人になると職業や家庭環境の違いが大きくなることから、友達が減る傾向にある人が多いです。

このとき友達がいなくなったことに対して、「寂しい」「悲しい」のマイナスの感情をもつこともあるでしょう。
それでは、この友人がいなくて寂しいと感じる原因は何なのでしょうか。

ここでは、友達がいなくなったことに対して寂しい、悲しいと感じる原因やその解決策について解説していきます。

スポンサーリンク

友達がいなくて寂しい、悲しい状況となる原因

友人がいなくなったことに対して悲しい、寂しい状況になる主な理由は複数あり、以下で詳細を確認していきます。

あなた自身が潜在的に友達がいない方が楽と思っていることがある

あなたが「友達がいなくて寂しい」と感じている反面、深層心理の部分では「友達がいないと楽」「一人がいい」などという認識をしている場合が多いです。

つまり、表面的には友達がいなくて寂しいと思うときもあるが、意識していない本当のあなたの考えは「友達がいない方が楽でいい」と感じているわけです。

結果として、友達がいなくなるような行動をとり、現実としてそれが現れているといえます。

結局のところ、あなた自身が「友達がいない状況を選択している」ためにそうなっている可能性があります。

友達がいた際の喧嘩などのトラブルがトラウマになっている

また、上述のよう「友達がいなくて寂しい」というより「根本では友達がいない方がいい」と思ってしまう原因には、「過去のトラブルが傷として残っている」「自分自身に自身がない」などが挙げられます。

つまり、何かしらの癒されていない部分があなたの中にあるために、それによって不安やめんどくささなどを感じ、「友達がいなくたもいいや」という考えになってしまうケースがあるのです。

運気の波的に一人になりたいときもある

なお、人の運気やエネルギー状態には必ず波があり、誰にでも落ち込みがち、一人でいることを優先すべき時期というものがあります。

このような時期では、先にも述べたように「一人になりたい」気持ちが強まる傾向にあります。
ただ、潜在意識的には一人になりたいと思っていても、どこかで誰かとつながりたい気持ちがあるために「友達がいなくて寂しい」と感じることがあるのです。

友達がいなくて寂しいと感じる時の対処方法

このように友達がいないことが辛い、寂しいと感じる理由には複数あるといえますが、これを解決するにはどのように対処するのがいいのでしょうか。

以下で詳細を確認していきます。

友達がいない状態を楽しむ

まず、先にも述べたように友達がいないことを寂しいと感じている一方で、一人になりたい気持ちもあることを記載しました。

このような状態であれば、まずいまひとりになり、時間がある状態を満喫するのもおすすめです。

読書、観光、副業、ネットサーフィン等々あなたがやりたいことをやり尽くすのといいです。

それが数ヶ月になるのか、年単位になるのかはわからないですが、友達がいない状態を味わい尽くせば、必ず飽きて友達関係を持ちたいと思うものなのです。
このとき、本気で楽しむことを心がけましょう。

何もやる気がないときはそれを味わう

実は恵まれている

タイミングを見て友達を作る

友達関係を作りたいというタイミングが来た際には、その気持ちに従って、友達を作りに行きましょう。

いまでは、sns、グーグル検索、地域のイベントごとへの参加、興味があるセミナーへの参加等々、さまざまなつながりが持てやすい時代になっています。

あとは覚悟を決めて「つながる」ことを意識し、勇気を出して

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました