スポンサーリンク

職場が合わないと直感で感じたらどうすべきか【スピリチュアルと合わない環境】

仕事・職場関係の悩み

会社勤めしているサラリーマンやパートの方は、職場との相性によって生活の充実度が大きく変化するといえます。

つまり、どんなに仕事の内容自体が好きであっても、職場などの環境と合わない場合には「その仕事における生活全般がつまらなくなりがち」になってしまうわけです。そのため、職場における相性をきちんと見定めた上で次の行動に移すのがいいといえます。

このとき、職場などの環境との相性を直感で決めてもいいものなのでしょうか。
ここでは「環境が合わないかどうかを直感で決めてもいいのか」「スピリチュアル的にどのような行動を起こすべきか」について確認していきます。

スポンサーリンク

職場が「合うか」「合わないか」を直感で決めてもいいのか【スピリチュアル】

結論からいいますと「職場などの環境との相性は直感によって判断していい」といえます。つまり、職場と合うか合わないか自体は基本的には直感的にある程度わかるものなのです。そのため「なんとなく居心地が悪いな〜」と感じた場合、その通りとなるケースがほとんどです。

だからといって、そのときもし「環境と合わない」と感じたとしても、「あきらかなコンプライアンス違反(給料や労働時間など)」「人としておかしな行為(無視されたりする)が毎日のように起こる」などがない場合は、一旦様子をみるがいいです。つまり「その職場から離れよう」と考えたとしても、いきなりその場でやめるのは避け、タイミングを考慮すべきといえます。

これは基本的にその職場にいることになったのは「スピリチュアル的に何かしらの縁がある」ことが多いためといえます。

つまり「なんか合わない上司に当たる」「同僚と波長が合わない」「職場の雰囲気自体が合わない」などがあったとしても、これはあなたが成長したり、より幸せになったりするために必要なステップといえるわけなのです。

そのため、その合わないと感じた環境で学ぶべきことを学んだ上で「何かこのタイミングで違うところに移動したい」と強く感じたときに行動を起こすようにするといいのです。

これにより「なんか合わないけどそこに居続けることで、誰に対してもある程度普通に接することができるようになる」「絶対に違う環境で働けるような実力をつける」などのあなたが実現したいことが見つかる原動力となることもあります。

直感で環境と合わないと感じた場合の変化のタイミングを判断する方法【スピリチュアル】

そして、直感で合わない職場から離れるタイミングを決める指標にはいくつかあり、以下で確認していきます。

相性が悪い職場での学び終えたと実感できたとき

まず、直感で合わないと感じた職場から離れていくときとして、先にも述べたような「そこで学ぶべきことを学び終えたか」を考えるといいです。

つまり、「相性が悪い環境に身を置く」という問題に直面し、それを乗り越えることによって、あなた自身の魂のレベルが向上し、どんなときでも「より幸せで楽しく過ごせる」ような能力が身につくのです。そして、これはあなたが通過する必要がある道である場合が多く、もし「学び終えていない」状態で離れたとしても、また次の場所で同じような課題に直面しやすくなるのです。

そのため、直感で合わない職場を移る一つの基準として「そこでやりきったかどうか」を感じていくといいです。

絶妙なタイミングで他から声がかかった

なお、自分自身で感じるだけでなく、別のステージに変化すべき時期が来ると「違う場所から仕事や職場の異動などの声がかかる」ことがあります。

そして、これに対してあなたが「面白そう」と実感できているのであれば、これを機会に合わない環境とさよならするのもいいです。これは先にも述べた、「合わない環境での学び終えた」合図の一つであるともいえるためです。

そのらめ、勇気をもって相性の悪い環境から離れていきましょう。

占い・統計的分類によっておおよその時期を見極める

なお、「あなた自身が動き出すべき時期かどうか」を判断する指標の一つとして占い・統計的分類法も活用するのもいいです。このとき、盲目的に占い師の言葉を完全に信じることは避けてください。

あくまで、あなた自身が「その占い師を信用できる」「確かにその意見(占い)を参考にすると私の人生がもっと楽しくなりそう」と実感できるものを上手に活用し、それを現実に落としこんでいくことが大切なわけです。

そして、あなた自身の「あなたの気質・得意分野・性格」「その年や月の運気のサイクル」といった中・長期的な流れをみたい場合には、カバラ数秘、四柱推命あたりの占いがいいと私は感じています。これは、私自身の人生の運気の波とおおよそ一致している確率が高かったのがこれらのカバラ数秘・四柱推命であるためです。

(カバラ数秘については当サイトでも詳しく記載していますので、参考にしてみてください)。

つまり、これらの占い・統計的分類方法により「今動いた方がいいのか」「今は耐えつつ来年まで持ち越した方がいいのか」などの誰しもがある「運気の波」に上手に乗れるようになるわけです。結果として、あなた自身がより開運したり、より人生の充実度を上げたりできるといえます。

逆に言うと、上手に数秘などの占いを活用することで「ネガティブな現象が起こるのも最小限にくいとどめることができる」といえるわけです。

一方でより短期的な「その瞬間にどうしていくかを判断したい」といった運気の流れを読み解きたい場合には場合には、数秘などよりも「タロット」「チャネリングカード」「霊視」(神社でのおみくじなども同様)といった、その場でのあなた自身のひらめき(チャネる)を利用した占いを活用するのが私はいいと思います。

基本的にこれらは「あなた自身が選択すべくして選んでいるもの」なのです。つまり、あなた自身のその瞬間における潜在意識を反映することができるといえます。

これらの占いを上手に活用することで「やはり今が合わない職場から移動するタイミングだ」と強く思えた際に、その行動をとっていくとより人生が好転していくのです。

まとめ

ここでは「合わない職場の判断は直感でわかるものか」「相性が悪い環境を離れる際のタイミング」について確認しました。

職場などの環境が「合うか合わないか」は直感によって決めるといいです。ただ、「相性が合わないな」と感じたとしても、すぐに「やめる」のではなく、タイミングを見計らって実行するといいです。

具体的なタイミングとしては、

・あなた自身が合わない環境での学びを終えたと判断したとき
・丁度いいタイミングで外部から声がかかったとき
・占い・統計的分類での判断を参考にし、それがきっかけであなたが合わない職場を離れるべきと実感したとき

に別れを告げるといいです。

最終的にあなた自身が判断したことには間違いがないため、不安になることなく自信をもって行動していきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました