スポンサーリンク

新しい眼鏡(メガネ)に変えることで運気を上げよう【スピリチュアル的な意味】

開運するための方法としては「笑顔を心がける」「神社に行く」「古いものを捨てる」などの方法があるといえます。

さまざまな運気を上げる方法の中でも、眼鏡を使う人にとって比較的手軽にできる方法として「眼鏡を新しくしたり、状況に応じて変える」ということが挙げられます。

スピリチュアル的に見た場合、この眼鏡新調やメガネを変えることで、どのような良いことがあるのか知っていますか。

ここでは、メガネに通した開運方法についてスピリチュアル的な観点から解説していきます。

スポンサーリンク

古いメガネは運気を下げる!眼鏡を新しくして運気を上げよう【眼鏡新調とスピリチュアル的な意味】

日本人では視力がそれほど高くない方が多く、眼鏡(メガネ)を日常的にかける方の割合が高いです。

そして「どのような眼鏡(メガネ)を付けているか」によって、あなたの運気にも影響を与えることは間違いありません。

具体的には、

・あまりにも古いメガネ
・歪んだり、レンズの汚れがひどかったりする眼鏡
・あまりにも暗いレンズのメガネ(いわゆるサングラス)を長時間つける

ことなどによって、運気は下がりやすくなります。

以下のような眼鏡です。

これは、メガネだけでなく身に着けているどのようなものにも当てはまることですが、やはり古い・汚いようなものはマイナスのエネルギーが出ています。

そのため、それを装着している本人にもその負の気が寄ってきて、開運できにくくなるわけです。

特にメガネは目との関係性が強いことから眼鏡(メガネ)のスピリチュアル的な意味としては、

・他人や自分の見方
・物の考え方
・あることやものに対する視点

などに影響を与えられると読み解けます。

つまり、古い、歪んだメガネを使い続けていると、スピリチュアル的には

・他人や自分をよりネガティブな目で見やすくなり、自己肯定感や他者受容感が下がる
・一つの考え方にとらわれ、多様性を失う
・インスピレーションがわきにくくなる

など面での運気が下がるといえます。

なお、眼鏡はおしゃれの一部とも捉えることができ、外見(おしゃれ度)は全体運と関係するために、上述のような特定の運気に加えて、全体運としても下がりがちになります。

このようなスピリチュアル的な理由から、眼鏡(メガネ)も定期的に新調していくのがおすすめです。

新しいメガネ(眼鏡)にして開運していこう!【フレームと運気が上がるメガネ】

なお、新しい綺麗なメガネにすることによって、どのようなものであっても運気は基本的に上がります。具体的には、1年~2年に1度くらいは新調するのがおすすめです。

このとき、フレームやレンズを少しこだわることでよりあなたの目的にあった開運につなげることができるので、ピンときましたら以下の考えを取り入れてみてください。

眼鏡を新調する際には、やはりその外観(あなたがどのように見られるか)とあなたからの見え方が運気との関係性が高いです。

つまり、まずはあなたが「どのように見られたいか」を思い浮かべ、そのイメージに近いメガネに変えるのがおすすめです。

例えば「インテリに見られたい」「そのように見られるている自分が好き」とテンションが上がるのであれば、インテリっぽくみられる「銀縁」かつ「細めだがしっかりとしているフレーム」を選定してみるといいでしょう。

他にも、可愛さを重視したいのであれば、「ピンク色」「丸み帯びている」などを選ぶといった具合です。

こちらのおしゃれで運気が上がるにも記載しているように、自分の好きな外見に変えていくだけでも運気アップにつながりますので、眼鏡にこだわってより開運につなげていくといいです。

状況に応じて眼鏡(メガネ)を変えるのもより開運につながる

他にも、眼鏡を新調するだけでなく、いくつかのメガネを準備しておき、状況に合わせて使いわけのもいいです。

これは、女性が化粧をするとスイッチオンになり、落とすとスイッチがオフとなるようなイメージと同じです。

つまり、

・よそ行きの場面では、上述のようなあなたのテンションが上がるような眼鏡(メガネ)をかける

・勉強したい、一人でゆっくりしたい時は、機能にこだわったレンズが暗め、フレームもシンプルなものにする

・とにかく解放感を味わいときには、そもそもメガネではなくコンタクトにする

などといった具合に、状況に合わせた変化をメガネに対しても行うといいわけです。

にわとりと卵の話のようにどちらが先とはいえないですが、眼鏡を変えることと気分が変わることは連動しているといえます。そのため、これを上手に活用することで、スピリチュアル的にもあなたのなりたいあなたに近づけ、開運につなげていけるのです。

まとめ メガネの新調や変えることとスピリチュアル的な意味

ここでは、眼鏡を変えることと運気との関係について解説しました。

・古いメガネ・歪んだ眼鏡ではやはり運気は停滞しがち
・特にスピリチュアル的には眼鏡は目と関係しており、見方・視点・考え方の幅への影響があり
・そのため、新しい眼鏡に1~2年に1度程度は変えるといい
・このとき、あなたが好き・直感的にいいと思う眼鏡を買うべき
・なお、複数のメガネを購入しておき、状況に合わせて使いわけることで、更なる運気アップにつながる

といえます。

上手に眼鏡を活用して、さらなる運気の上昇につなげていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました