スポンサーリンク

神社でのお賽銭はいくらがいいのか?1000円や1万円などのお札がおすすめ【5円や10円などの金額やなし(入れない)のはありか?】

神社関連

「運気を上げたい」「浄化を促進したい」などの理由から神社に行く方は多いです。

ただ、なんとなく神社に行って参拝しているはものの、神社でのより開運・浄化が進むための参拝方法やその理由について知らない人の割合は高いです。

例えば、神社にてお参りをする際に「お賽銭の金額はいくらにするとより開運が進むのか」理解していますか。

ここでは

・神社でのお参りでのお賽銭の意味は?【神社でのお賽銭の金額はいくら】

・神社参拝時のお賽銭の金額はいくらがいい?なし(入れない)や1円や5円や10円や50円玉や100円玉、500円玉ではいいのか?【神社でのお賽銭のやり方は?】

・神社でのお参りでのお賽銭の金額は1000円や1万円などのお札がおすすめ!【開運・浄化】

について解説していきます。

スポンサーリンク

神社でのお参りでのお賽銭の意味は?【神社でのお賽銭の金額はいくら】

まず、神社に参拝に行く目的についてはこちらで詳しく解説していますが、一言でいうと

・神様(大いなるもの)への感謝
・自分自身(内なる神)への宣誓
・浄化

などが挙げられます。

そして、その中でも神社の本殿にてお参りする際の「お賽銭」は上述の目的の中でも「自分自身への宣誓」との関係が強いといえます。

つまり、神社のお賽銭の意味は「自分自身がどうなってきたいか・どうありたいかを宣誓するために支払うお金(エネルギーの一種)のようなもの」と捉えるといいです。

なお、神社のお賽銭は金額の大きさではなく「気持ちが大切」という考えもありますが、これはあくまで神様(何か大いなるもの)への感謝「だけ」を伝えるためだけに来ている場合に当てはまることです。

ただ、現実面での「あなたの願望実現」も含めて神社にお参りに来たのであれば、やはりある程度の金額をお賽銭として入れた方がその願望が引き寄せられやすくなるのは、いうまでもありません。

このとき、もちろん神様(何か大いなるもの)への感謝の気持ちを伝えることも重要です。これと併せて、お賽銭の金額をある程度の額にするとより開運・願望実現につながりやすくなるのです。

また、エネルギーは与える・出すことを先にした人に、それ以上の大きなエネルギーが戻ってくる(出したものが大きくなって返ってくる)という宇宙の法則がありますが、この観点から考えても、神社でのお賽銭の金額が大きい方がより開運・願望実現を達成できる可能性が上がるわけです。

なお、この神社でのお賽銭だけでなく、

・スポーツなどでいいもの(高いもの)を購入する
・コンサルサービスでタダではなくきちんと金額を支払う(有料情報に支払う)
・誰かに寄付をする

などでお金を先に出すことによっても「よりあなたの願望が叶いやすくなる」ので、これらも積極的に行っていくことがおすすめです(もちろん、現実的にお金を支払った後、継続して行動することも大切です。)。

神社でのお賽銭の金額はなし(入れない)や1円、5円、10円などはあり?50円、100円、500円などどれがいい【色や縁起との関係性】

このような神社にてお賽銭を入れる意味はあなた自身が本気になるためのスイッチを入れる大きさのような意味があるため、その金額の大きさはあなた自身が「その願望を実現させたい度合い」「開運させたい度合い」によって選択するといいです。

この時、お賽銭の色や縁起などを気にする方がいますが、これはほとんど関係ないです。

つまり、ただ神社に来て「神様に感謝したい」「浄化したい」だけでいまこれといった強い願望がないのであれば、お賽銭の金額を1円、5円、10円、100円、500円(以下写真)などと少額のものにしても全く問題ありません。

 

お賽銭を入れない(なし)ことを選択したといっても、神様からばちが与えられるということは全くありませんので安心してください。神社に来るだけである程度の運気上昇や浄化が見込めるという前提があった上で、お賽銭の金額(願望実現のための本気度)をいれると「さらにあなたの運気が上がりやすくなる」といえるわけです。

私自身も神社がかなり好きで近くの神社も併せて、5、6回は行くため、お賽銭の金額としてはその時に強い願望ない場合、上述のような小銭を入れることもあります。

ここぞという時の神社でのお賽銭は1000円や1万円などのお札を入れるといい【参拝時の金額】

このように、神社でのお参り時のお賽銭の金額は少なくても開運効果は得られます。

ただ、何かしらの勝負事、どうしても叶えたい夢などがある場合は、お賽銭の金額を1000円(千円札)や1万円など(以下写真)といったお札にした方がいいです。

これはお札のお賽銭をやったことにしかわかりませんが、本気で願望実現を始めとした開運・浄化が加速されるのが、現実レベルで認識できやすくなりますね。

最初は私自身も半信半疑で、かつお札のお賽銭を入れた時に「入れてしまった!」とぞっとした経験(笑)がありますが、それ以上に自分でも予想していないレベルでポジティブな現象が増えています。

そのため、現在では1、2か月に1度はお札でのお賽銭を神社参拝時に入れています。本気で現実レベルでいいことが起こりやすくなるので、一度試してみてください。

1万円をお賽銭で入れるのが怖い方は、まず千円でチャレンジしてみて、抵抗をなくした上で挑戦してみるのがおすすめです。

開運のための神社のお賽銭の入れ方(やり方)

なお、運気上昇のためのお参り時のお賽銭の金額の選び方は上述の通りですが、お賽銭のやり方にも注意した方がいいです。

多くの方は、意識せずにお賽銭をお賽銭箱に向かって投げ入れていると思います。ただ、これは

・神様(何か大いなるもの)に対して投げているのと同じ
・自分自身に対しても雑に扱っているような感じ

ともいえるわけです。

このような状況では、神様からしても「応援したいな」とはなりにくいのが容易にわかるでしょう。かつあなた自身も「あなたにあまり期待していない」ことに相当する行為であるため、開運・願望実現が進みにくくなるのです。

そのため、神社にて参拝時のお賽銭のやり方としては、ポチ袋や半紙に包んだ上で丁寧に入れるといいです。

特に、神社によっては半紙などのお賽銭を包むため容器を準備していることもあるので、そのような場合は指示に従っていきましょう。

また、お賽銭のやり方に制約がない場合では、あなた自身でポチ袋を用意した上で、そこにお賽銭(100円、500円などの小額)を入れるといいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました