スポンサーリンク

睡眠のスピリチュアル的な意味は?寝てる時はあの世に行っている?上手な睡眠で運気を上げる方法【睡眠が長いことや睡眠不足などとスピリチュアル】

開運するための方法としては「笑顔を心がける」「神社に行く」「古いものを捨てる」などの方法があるといえます。

さまざまな運気を上げる方法の中でも比較的手軽にできる方法として「適切に睡眠を取る(良く寝る)」ことが挙げられます。

それでは、スピリチュアル的にそもそも睡眠とはどのような意味で、適切な睡眠とはどのようなものを指すのでしょうか。

ここでは、この睡眠に関係する「睡眠のスピリチュアル的な意味」「睡眠や長いこと、睡眠不足、昼寝等のスピリチュアル的な意味」「運気を上げるための寝る前の瞑想やアファーメーションのやり方」について解説していきます。

スポンサーリンク

睡眠(寝ること)のスピリチュアル的な意味はあの世に変えることや浄化・生まれ変わり

睡眠のスピリチュアル的な意味としてはいくつか挙げられ、

・あの世に帰ること
・そして起きるときに生まれ変わること(潜在意識の書き換えもより進む)
・つまり、浄化すること

などが挙げられます。

寝ている間はあの世に帰っていることともいえることから、よりあなたの潜在意識(本当はどう思っているのか)に強く働きかけることができやすい時間といえます。

そのため、適切な時間、上手に睡眠を取ることによって、あなたの願望をより実現させやすくなったり、毎日をさらに充実したものと変えたりできるのです。

もちろん、人によってどのくらい寝るといいのかには個人差がありますが、

・睡眠時間は7~8時間
・寝室は綺麗にしてから寝る
・寝る前には瞑想・アファーメーションを唱え、寝ている間の潜在意識の書き換えを加速できるようにする

・できる限り寝る前にはスマホやパソコンなどを見ないようにする
・できる限り綺麗な寝間着や寝具を使う

などを行うのがおすすめです。

後に具体的な睡眠の質を高める方法について解説していきますので参考にしてみてください。

 

睡眠不足や眠りが浅いことのスピリチュアル的な意味

このような寝ることのスピリチュアル的な意味がありますが、眠りが浅いことや睡眠不足(寝不足)などの例的な意味はどのようなものなのでしょうか。

実は眠りが浅かったり、睡眠時間が短いことでの、睡眠不足はスピリチュアル的には

・浄化があまりできていない(邪気が残ったまま)
・潜在意識がネガティブ寄りに変化している

などのやはりマイナスの影響によって引き起こされています。

そして、このような現象が起こるのは、やはり上にも挙げたような「寝る前の時間の使い方」「寝ている空間が片付いていなく、汚いため」「昼前にあまりにも邪気にさらされている」などによって起こることがほとんどです。

逆にいうと、これらを回避することを意識していけば、上手な睡眠をとれるようjになり、より充実した毎日に変化していくのは間違いないですね。

なお、科学的にも睡眠不足だと、イライラしやすい、ネガティブになりやすいなどのマイナスの影響を受けることは多くの方が理解していることと思います。

そのため、やはり睡眠などの生活に直接的に関わることをおろそかにしないことが大切になってくるのです。睡眠不足や眠れない、眠りが浅いことを意識している人は、意識して快眠できる方法を取り入れていきましょう。

 

睡眠が長いことや良く寝る人や寝過ぎのスピリチュアル的な意味

一方で、睡眠が適正な範囲で長いことや、よく寝る人はスピリチュアル的には、「浄化がより進んだ状態」「よりあなたらしい潜在意識に書き換えられた状態」などということができます。

現実的にもたくさん寝て、すっきりできた時の幸せな気持ちからも理解できるでしょう。やはり寝る子はいろいろな面から育つものと思います(笑)。

ただ、注意すべきはス民が長すぎている、寝過ぎの状態となっては、スピリチュアル的にはあまりいい状態とはいえません。つまり、現実とスピリチュアルのバランスを崩している可能性が高くなるのです。

具体的には、上述のよう寝ることはあの世に帰ることと記載しましたが、つまりあまりにも睡眠が長いことは、「現実から目を背けたい」「グラウンディングがあまりできていない」などの表れといえます。

そのため、このような方こちらに記載しているようなグラウンディングを進めるための手法を取り入れたり、意識して睡眠時間を減らすようにしたりするといいわけです。ようは何事もバランスといえるでしょう。

良い睡眠で運気をあげよう!寝る前には瞑想・アファーメーションを行うことで潜在意識を上手に書き換えるといい

このような理由から、寝過ぎも睡眠不足もスピリチュアル、現実ともに運気アップの観点からはおすすめできません。

よって、先にも記載しているよなポイントの

・睡眠時間は7~8時間
・寝室は綺麗にしてから寝る
・寝る前には瞑想・アファーメーションを唱え、寝ている間の潜在意識の書き換えを加速できるようにする

・できる限り寝る前にはスマホやパソコンなどを見ないようにする
・できる限り綺麗な寝間着や寝具を使う

を実践していきましょう。

なお、寝る部屋と運気の関係性はこちらで詳しく、アファーメーションの具体的な方法についてはこちらで記載していますので、参考にしてみてください。

特に最近では多くの方がスマホを活用しており、寝る直前まで使っている方を多くみかけます。水禽間際まで、さまざまな情報を浴び続けることはやはり脳が働きっぱなしになっており、質のいい睡眠には程遠くなるので意識して注意するといいです。

他にも、寝る時の寝具自体が汚れたり、古すぎるものを使っているのもおすすめできませんね。寝室が片付いていないと同様にネガティブなエネルギーを直接的に受けることになっているため、どうしても開運から遠ざかってしまうといえます。

結局のところは、「より気持ちいい空間」で「気持ちいいと感じる長さの睡眠」をとることによって、スピリチュアル的にも現実的もより幸せな毎日に変化させていくことができるのです。

まとめ 睡眠とスピリチュアル的な意味

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました