スポンサーリンク

勉強しかできないと感じつらいと思っている人へ【仕事と勉強は関係ない?】

生きている限り「人間関係・恋愛」「お金」「仕事」「健康」などとさまざまなことで悩むものですが、悩んでいる状態ではどうしてもつらいものです。

私達は生活していると必ず悩みは出てくるものですが、その重さを軽くしたり、悩んだとしても早ぅ抜け出せるようにしたりとすることは十分に可能です。

例えば、自分のことを「勉強しかできずに仕事ができない」「勉強すらできない」などと思っている人が意外といますが、スピリチュアル的に見た場合この捉え方としてこの考えは「とてももったいないことだらけ」といえます。

以下で「この勉強以外何もできない」「勉強も仕事もできない」と感じており辛いと思っている原因とその解消方法について記載していきますので、参考にしてみてください。

 

noteを見てみる

※こちらのnoteで「あなたのあらゆる悩みを緩和する方法」を記載していますので、
良かったらみてみてくださいね

 

スポンサーリンク

「勉強以外何もできないと感じる人」や「勉強も仕事もできない」と感じる人がそう思っている理由

まずは「勉強しかできず仕事ができない」や「勉強も仕事もできない」と感じてしまう原因には複数挙げられ、以下で詳しく解説していきます。

環境が原因のことがほとんど【現実面から】

結論からいうと、上のように「勉強しかできず仕事ができない」や「勉強も仕事もできない」と感じるのはあなたがいる環境や今まで過ごした環境が原因のことがほとんどといえます。

基本的に人間のIQは多少の違いはあるものの「勉強や仕事にて現実的にある程度の結果を残す」という視点から見た場合では「後天的な要素がほとんどでありIQ等は関係ない」と断言できます。

 

・勉強はできるが仕事はできないと感じている人の場合

勉強はできるが仕事はできないと感じている人の場合では、上述のように環境と合うかどうかが非常に重要となります。

仕事ができるできないとは

・会社での人間関係があなたに合っているか(特に一緒に仕事をする上司等)
・職場の雰囲気があなたに適しているか
・仕事の種類があなたに合っているかどうか(好きかどうかや今までやってきた慣れていることかどうか)

などが大きく関係しています。

例えば本来あなたが仕事も勉強もできる人であったとしても、上司とあなたの相性が合わず、常に否定されているような環境であれば「私は勉強はできるが仕事はできない」などと思い込んでしまいます。

他にも意外と多いですが「何となく会社にいって皆と一緒に働くこと自体が苦手」な人では、常に不快感を感じてしまうためどうしても仕事で成果をだしにくくなります(後に解説しますが、このような人はフリーランス・経営者気質ともいえ個人事業を行うことで非常に成果を残せる場合も多々あります)。

さらには、本来プログラミングやサイト運営などの誰とも合わずにコツコツと仕事をするスタイルが得意な人が営業職になったり、逆に営業職が本来得意である人が事務等を任されたのであれば、どうしても仕事が進みにくいのがわかるでしょう。これを続けてしまうと、自分は仕事ができないと誤って思い込んでしまうわけです。

同時に勉強も仕事もできないと感じている人であれば、上の要素に加え、ペーパーテストも単純に好きなことではなかったというだけが原因と強くいます。

つまりは、勉強しかできない、勉強も仕事もできないと感じてしまうのは、単純に環境が原因であり、根本的な能力は人であればほとんど変わらないことを覚えておくといいです。要はできないとあなたが思い込んでいるだけとも言えるので、後に記載するような方法をとればこれで「つらい」という気持ちは軽減することができます。

スピリチュアル的にはあなた自身がそう思っているため現実化する

上では現実的には「今までや今の環境によってあなたが勉強以外何もできない」と感じていると記載しましたが、これはスピリチュアル的な要素も強く関係しています。

具体的には「あなた自身の潜在意識レベルで「私は勉強以外できない」と思いこんでいるために上のような状況を引き寄せやすくなる」といえます。

つまりはあなた自身の思い込み(潜在意識)を変えることによって「勉強しかできない無能で仕事はできない」「勉強すらできない」と思うような状況が起きている現実を変えることができ、以下で具体的な手法について解説していきます。

 

「受験勉強しかできない以外何もできないと感じる人」や「勉強だけが取り柄」と感じる人がさらに自己肯定感を上げる方法【高学歴など】

それでは以下で具体的に「勉強以外出来ない」「勉強すらできない」と感じつらい人がそれを改善し、自己肯定感を上げ、実際にあなたが望む現実を手に入れる方法について確認していきます。

そのままで完璧ということをまず知る

まず勉強以外できず仕事ができないなどとネガティブなことばかりに目が行ってしまう状態では、基本的にあなた自身の自己肯定感が低くなっています。

そこでまずあなたは「あなたは本当にそのままで完璧」「そのまま、ありのままでいい」ことを理解するといいです。

これは心理学的に自己肯定感を高めるためにそう思うというのではなく、スピリチュアル的に「本当にそう」だからいっています。基本的に私たち全員は「分け御霊」とも呼ばれ、いわゆる神様の分身ともいえるのです。

そのため不可能なことは基本的に何一つないのが本来の姿なのですが、今の3次元的な現実には「不可能である体験を味わう・経験する」ために生まれてきているわけです。

なので上のように「勉強以外何もできず仕事ができない」と思ってしまうことも、本来の目的の「不可能を体験する」という目的に沿っているため、この状態すらも実は「したかったこと」の一つといえます。つまりどのようなこと・状況であってもあなたは完璧であり、どのような体験も本来味わいたかったから味わっているだけということを覚えておきましょう。

 

ある程度このネガティブな気持ちを感じて「そろそろ嫌になってきた・飽きてきた」ためにこの記事のような情報をあなたは見ているのです。

そのため今度は上のような「勉強以外できないでつらい」気持ちを変化させていくといいです。この前提条件を理解した上で以降に進むと、すんなりと現在のネガティブな状況を改善することができます。

具体的にどうなりたいかを決め言葉や文字にする

具体的にはまず

自分は今のまま、ありのままでも本当に完璧。何でもできる!

などと言葉を前向きに変えていくといいです。

このようなポジティブな言葉を出来る限りつぶやいたり、書いたりしているだけでも、大きくあなた自身が変化していきます。時間ができたら言葉にするといいでしょう。

継続するにつれ、あなた自身のネガティブな気持ちが払拭されてきましたら、今度は具体的に

・どのようなあなたになりたいか
・どのような体験をしてみたいか

を直感で感じ、それを言葉にしていきます。

例えば、「自分自身が好きなことを仕事にし、それで皆の役に立ち、かつお金も大きく稼ぐ」などをしてみたいと感じたのであれば、それをそのまま言葉にしたり文字にしたりするといいです。

上の方法と同じですね。

そして時間がある際に、どんどん上の言葉をつぶやいていくだけで、マインドが大きく変わっていき、本当にそれが実現しやすくなるのです。

行動する

上の手順を繰り返し時間をかけて行っていくことで「勉強以外できないでつらい」などの気持ちは徐々に小さくなっていきます。それどころか、こんなやりたいこともあるな~などと楽しい気持ちが徐々に芽生えてくるのがわかるでしょう。

こうなったらあなたが望む状況を現実化するのは容易であり、後はあなたがしたいと思ったことを一つずつ行動に移していくといいです。

現実を大きく変えるには結局のところ1歩ずつの積み重ねが大切であり、少し変化することを継続するだけで1年後には別人のように変わっていることも多々あるものです。

そのような状況になると今までの「勉強しかできないでつらい」「仕事ができない」などの気持ちはほぼなくなっていることでしょう。

もしすぐにそうならなくても、上を繰り返すことで必ず変化できますので、焦らずにあなた自身を責めずに「無理しない範囲で楽しく」チャレンジしてみてください。私も応援しています。

 

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました