スポンサーリンク

依存されることのスピリチュアル的な意味と依存してくる人への対処法【依存心が強い人が苦手・気持ち悪いと思ってしまう】

人間だれしも生きている限りさまざまな悩みが出てくるものですが、人間関係の悩みは大変な場合が多いですよね。

例えば、職場や友人関係などにおいて「依存されること」に困っている方の割合は高いといえます。

スピリチュアル的な観点から見た場合、この「依存される」にはどのような意味があるのでしょうか。また依存心が強い人が苦手・気持ち悪いなどと感じてしまう理由は何なのでしょうか。

ここでは、この「人への依存」に着目し依存されることのスピリチュアル的な意味や依存心が強い人への対処方法(依存されてしんどい)について確認していきます。

スポンサーリンク

依存されることのスピリチュアル的な意味は?

それではまず人に「依存する・依存される」ことについてスピリチュアル的な視点から解説していきます。

基本的に依存すると依存されることはセットになって起こるわけですが、潜在意識レベルで「依存したい人」と「依存されたい人」が引き寄せあうことによってそのような現実が起きています。

つまり、職場であれ友人関係であれ、あなたが潜在的に「依存されたい」という意図を放っていることが現実として「依存される」理由なのです。

前提としてスピリチュアル的に潜在意識レベルで思っていることは、必ず現実化すると理解しておきましょう。

 

依存されてしんどい・気持ち悪いと思う場合の対処方法【依存心が強い人への対応】

ただ実際のところ顕在意識レベル(私たちが頭で思っていること)と潜在意識レベル(上述のよう心の奥深くで思っており現実化に大きく関わる意識)に乖離が起きている人は多いものです。

よくあるケースとして

・依存されてしんどい
・依存心が強い人が億よってきて、気持ち悪い

などと顕在意識レベル(頭)では思っているものの、潜在意識レベルでは「依存されたい」と感じている人がいます。

上述のよう潜在意識の方がより現実化に直接作用するために、表面的には「依存されてしんどい」などと感じているものの、潜在レベルでは「思った通りになってよかった」わけなのです。

そしてよく依存される人が本当に依存されたくないのであれば、まず「心の深い部分では依存されることが実は嬉しい・ありがたい」と認識している事実を受け入れるといいです。

心の奥深くで

・あの人は私がいないとやっていけない
・誰にもあまり依存せず、自立している自分が正しい
・依存される、多く頼られることで「自分に価値がある」と認識できている(実は依存されていないと不安が出てきてしまう)

などの気持ちがないか、一人の時間を作って瞑想しつつ自分に問いかけてみましょう。

少しでも上のような気持ちがあったのであれば、確かに自分も「依存されたかった部分もあるのかもな~」と認識することが重要です。

潜在的に、依存されたい部分もあったということをゆっくりと認めていくといいです。個人差はあるものの、これがきちんと受け入れられると、依存してくる人に対しても「人間だしそういう部分があってもいいかもな」とあなたと同様に受容することがができるのです。

すると他人に依存される・依存心が強いと感じていた行動に対しても「何だか可愛げがあっていいことかもしれない」などとそもそもの「依存されていた」という理解が変化していくわけです。

結果として、依存する・されるの関係ではなく、信頼があるバランスがとれた関係に変化しやすくなります。

これが、依存心が強い人へのスピリチュアル的な視点からの対応策といえます。よく自分が変われば人も変わるという言葉を聞きますが、この依存するされるの関係も同様であり、あなた自身の深い部分の問題・傷を解決・癒してあげることによって、人間関係はバランスのとれた気持ちいいものにしやすくなるといえます。

 

まとめ 依存心が強い人への対応策【スピリチュアル的な視点から】

ここでは、この「人への依存」に着目し、依存されることのスピリチュアル的な意味や依存心が強い人への対処方法(依存されてしんどい)について解説しました。

依存する・されるだけの関係に限らず、基本的にあなたが潜在的に思っていることが現実化されるとまず理解しておくといいです。

それを認め、受け入れ・癒していくと、自然と他人のことも受容でき、そもそもの「依存心が津い人が苦手」という問題が問題でなくなってしまいます。結局のところ、このあなた自身が変化することが、依存されることへの最大の対応策になっているのです。

さまざまな出来事をスピリチュアル・現実的な視点でバランスよく見て・解決することによって、あなたの人生をもっと楽しい・快適なものにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました