目の病気、目の疲れなど目の不調のスピリチュアル的な意味【左目や右目のものもらいや充血】

病気とスピリチュアル

私たちが病気になる原因としては現実的な面だけではなく、スピリチュアル(目に見えない世界)の影響もかなり受けています。

そしてこの病気は、私たちに「何かしらの気づきを与えてくれる神さまからのメッセージ」といえ、適切な対処をすることによって「より人生を楽しむことができる」ようになるといえます。

なお、病気がでる部位によってそのメッセージの意味も異なり、ここでは目に関する病気やトラブルのスピリチュアル的な意味と対処方法について確認していきます。

noteを見てみる

※こちらのnoteで「あなたのあらゆる悩みを緩和する方法」を記載していますので、
良かったらみてみてくださいね

目の痛みなどの目の不調とスピリチュアル【目の病気】

先にも述べたように私たちの体の部位と病気になることは、スピリチュアル的に明確な関係性があるといえます。

そして、私たちの目は「なにかを見る、確認する」という機能があるため、この目にトラブルが起きることは「何かしたらの見方」に問題があることが多いです。

以下のようなイメージです。

例えば「見るべき問題を見ないようにしている」「自分や相手に対する見方に問題がある」などが挙げられます。

具体的には、

・嫌いな人と関わりたくなく、対面することから避ける気持ち(直視できない)が強い
・やるべきと考えている仕事をやっておらず、見ないふりをしている
・自分の容姿にコンプレックスがあり、そこを見たくない気持ちが強い

などの見方に関するネガティブな情報が具現化したものが目の不調となってでるわけです。

左目と右目の病気とスピリチュアル【ドライアイ、ものもらい、充血】

そして左目に症状がでるか、右目に出るかによって、そのスピリチュアル的な意味合いが若干異なります

これは体の部位と性別の関係性からも説明することができます。具体的には、基本的に体の左側は女性性(受け身)を表し、体の右側は基本的に男性性(発する方)を示すといえます。

つまり、左側の病気(左の目の不調など)はどちらかというと見方の中でも自分にベクトルが向かうもの、右側は自分から相手にベクトルがむかうものを指しているわけです。

そのため、左目にものもらいができたり、充血したり、さらには重い目の病気にがかかったりするのは「容姿などの周囲から自分に対する見方」に潜在的な問題を抱えている可能性が高いとスピリチュアル的に判断できます。

一方で右目に目の不調を抱えている場合は「嫌なものや苦手なこと・人がいる」といった自分から相手にベクトルが向いていることに問題を感じているケースが多くなるです。

なお、目の病気としてはものもらい、ドライアイ、充血、その他重い目の不調がありますが、「潜在意識レベル認識している問題の大きさ」と「その症状の強さ」が連動している割合が高いです。

目の病気やトラブルをスピリチュアルな観点から治療する方法【ものもらい、ドライアイ】

そして、これら目のトラブルや不調が続くときは科学的な治療のアプローチだけではなく、スピリチュアル的な改善方法も取り入れるとより回復させやすくなります。

左目に目の痛みなどが出るときには、先にも述べたよう自分自身に自信がないケースが多く、このような場合ではアファメーションを活用するといいです。

アファメーションの詳細はこちらで詳しく解説していますが、「私は私のことが大好きです。」「私は私の(気になる部分)を愛しています。」「私はあるがままの私を受け入れます」というな言葉を繰り返し唱えるといいです。

アファメーションによる言霊の力によって、潜在意識レベルで自分への自信が出てきたり、プラスの感情が湧いてきやすくなったりするのです。これにより、根本的に問題であった目を当てたくなかった「自分自身の癒されてない部分」コンプレックスなどを改善しやすくなるわけです。

結果として、目の不調全般を回復させることができやすくなるわけです。

なお、右目の病気は上述のよう特に相手やもの、ことに対する問題が具体化した結果と言えるため、まずは「なるべく見ようとしなかった問題(もの、こと、人)をしっかりと直視する」といいのです。

そして、そのこの「嫌なもの」を見ることによって出てくるネガティブな感情を感じきり、徐々に昇華させていくと、スピリチュアル的に右目の調子が回復しやすくなります。

具体的には、それを直視することによって出てくる「見たくない」「本当に不快だ」「辛かった」などの湧き上がる負の感情に対して「辛かったね」「よく頑張ってたよね」「自分は凄いよ」とほめたり、慰めてあげたりしましょう

見たくないことはやっぱ避けちゃいやすいけど、見るべき時期にはきちんと対処しないといけないね

私もまさに見ない・関わらないように抑え込んでた部分があるから、バランスをとって対応していこっと

他には、先にも述べたようにアファーメーションを唱えることももちろん有効的です。

これらの目の不調に対するスピリチュアル的な対応策を行うことによって、徐々に目の痛み、目の病気などの改善を実感できます。

他にも、

・目に手を当てる(ヒーリング的な意味もある)
・目薬を差す
・温めたり、冷やしたりする

といった現実的な目の疲れや不調を改善できる方法も試みるのも併せて行うとなおいいです。以下のような良い匂いも出る目の不調の改善グッズを使用し、リラックスするのもいいでしょう。

https://www.kao.co.jp/megrhythm/eye/より一部引用

特にものもらい、充血などの軽いものだけでなく、なかなか原因がわからないような重い目の不調の治療にも効果が期待できるので試してみてください。

まとめ 目の病気とスピリチュアル

ここでは、目の痛み、目の不調などが起こるスピリチュアル的な意味とその対策について解説しました。

目の病気等のトラブルが発生するスピリチュアル的な原因としては、「何かしらの見方・捉え方に問題があるため」といえます。なお、見方の中でも左目は特に「受け取り方」、右目は「相手への捉え方・見方」が主にネックとなっている可能性が高いです。

これらの解決策としては「アファーメーションを活用する」「嫌・苦手と感じているものもきちんと見つめる」等を行うといいです。

あなた人生を後悔のないよう、たくさんのチャレンジ・行動を行っていきましょう。

noteを見てみる

※こちらのnoteで「あなたのあらゆる悩みを緩和する方法」を記載していますので、
良かったらみてみてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました